くまと困り顔

3歳半の時に発達障害(自閉症スペクトラム・高機能自閉症)と診断された娘。

幼稚園の頃は、通園準備がなかなかできずにいたんですよね。そして、成長した今も、”物をすぐ失くす”、”置き忘れが多い”、”すぐ忘れる”、こんな特徴があります。

どうやって、そんな忘れん坊に対処したか、朝の準備や支度ができるようになったか、我が家はとあるグッズを使ったらうまくいきました。

今回は、そんな忘れん坊対策について、足跡をの残していきます。

>忘れ物対策や通園や通学準備には、『黒板』が役に立った!

そのグッズがこれ↓『黒板!!』

 

家庭に置ける黒板を用意して使ってみたら、通園準備が一人で出来るようになりました。黒板に持ち物一覧リストを書くようにしてみたんです。

下記は、実際に幼稚園の際にもちものを書いてた我が家の黒板の画像。(絵と字が汚くてごめんなさい!)

黒板

娘は、ひらがながもともと大好きで、”ひらがな”や”絵”で書くと記憶に残りやすい様子だったんです。なので、黒板を取り入れて、持ち物を書いてみたら分かりやすかったみたい。

この黒板タイプはチョークで書き込めるタイプ。この通りに通園準備が出来たら裏に自由にお絵かきするというご褒美を設けることが出来たので、余計に頑張ってくれたのかもしれません。

もともと、手先が不器用だったので、黒板消しを使って、黒板の文字を消すというのもお手伝いに!意外と消すのに力がいるのですが、幼稚園に黒板があったので、先生気分で楽しいお手伝いだったようです。

その内、この黒板を見ずとも、支度ができるようになりました。そうすると、今度は、”今月の目標”を書いたり、不適切な行動に対して、代替え案としてどういう風に行動や表現をすればよいのか絵と文字で説明するのにも使っています。

チョークと、黒板消し・・なんだか懐かしくて、私も楽しめてしまった黒板対策。忘れ物や、失くし物が多い、通園準備や、通学準備が苦手なお子さんにも役に立つかもしれません!

>>黒板を探す(amazon)

>>”黒板”を探す(楽天)

おすすめの記事